ビットコインのデメリット(ビットコイン投資の前に理解しておくべき特徴)

ビットコイン デメリット

ビットコインには従来の通貨にはない様々なメリットがありましたが、一方でデメリットはあるのでしょうか。

ここでは、投資対象としてのビットコインのデメリットをご紹介しますので、実際にビットコイン投資を始める前に、ビットコインにできないこと、リスクが伴うことは頭の片隅に入れておきましょう。

ビットコインには預金利息がつかない

従来の法定通貨(円やドル)に比べて、お金の面で最も大きな違いがビットコインには預金利息がつかない点です。

私たちが手元に持っている通貨は、通常銀行に預けておけば預金利息が発生しますが、ビットコインにはこのような仕組みはありません。落ち着いて考えれば分かるのですが、これはビットコインを保有すること自体、通貨を保有している状態にすぎないためです。いわば、500円玉や1万円札を手もとのお財布に入れている状態と同じということです。

これからご説明するビットコインの価値変動リスクを無視すれば、ビットコインのような仮想通貨よりも、法定通貨を持っておいて定期預金にでも入れておくほうが、利息が付くので嬉しいと思う方もいらっしゃるでしょう。

ビットコインには価値変動リスクが伴う

ビットコインの価格は毎日変動しています。特にビットコインを取り巻くニュースによって、その価値は大きく増加したり減少したりしています。

そのため、通常の法定通貨に比べて価値変動リスクが大きいのは確実で(法定通貨も、物価の増加・下落などを考えれば価値の変動はありますが、ビットココインほどの顕著な動きはありません)、財産の”維持・保全”という意味合いでは、法定通貨の方がまだまだ優れているのも事実です。

ビットコインの価格が上がり続けてくれれば問題はないのですが、例えば「孫に1000万円を相続したい」と思った時に、1000万円分のビットコインを相続するよりも、1,000万円の現金を相続するほうが、財産の価値を維持したまま相続できる可能性が高いです。

まとめ

ビットコインを従来の法定通貨と比べた時のデメリットは以上です。

このようなデメリットがありながらもビットコインが世界で注目されているのは、その優れたメリットがデメリットを上回っているためです。

それでは、ビットコインのメリットとデメリットが理解できたところで、実際のビットコインの買い方について見てみましょう。

役に立ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です